取組み
(挑戦)

私どもの基本的な事業に対する取組みの考えは、2004年から始まります。

当時、知的財産の評価及びインキュベーションに取組むベンチャー企業が中心となり、鉛蓄電池の再生延命技術を製品化して事業展開するため、新たにベンチャー企業が設立されました。その技術を製品化したものは
「ナノパルサー」という製品名で国内外に販売展開されました。
ナノパルサーは鉛蓄電池の劣化要因を防ぐ効果があるので、再生延命効果を発揮するというものです。

主な提案先は、電動フォークリフトを複数台所有する企業様(製造・物流)、電動ゴルフカートを採用している
全国ゴルフ場様、電動車椅子を販売している企業様及びご使用されている個人様です。
それぞれ皆様、バッテリーを長持ちさせたいという要望をお持ちですが、なかでも電動車椅子をご使用している
方々は「バッテリーの持ちが悪いと元気が無くなる」「信号の途中で止まらないか心配など」など、重要度が高い
という事を知り、安心をお届けするべく努力を重ねました。

しかし、鉛蓄電池は使う人の管理で状態が大きく変わり、日常の維持管理(充電や補水)のやり方、清掃(クリーニング)が重要にもかかわらず、殆どの使用者は補水管理もせず液枯れ状態だったり、充電が不十分のまま使用していたり、清掃もしないので漏電(リーク)しているというのが実情でした。

そして、海外から維持管理用品(メンテナンス用品)、安全管理用品等を輸入して国内での販売に取組み、現在の販売ネットワークの構築に至っております。

これらの経験から、ユーザーのニーズに応えるソリューションとして、自社製品のみならず問題を解決するための
周辺アイテムや知恵(ノウハウ)を集め、その提供に現在も取り組んでおります。


2014年、弊社は国内フォークリフト販売大手企業様と提携し、BMS(バッテリーマネジメントサービス)のM2M/IoT事業化に取組み(チャレンジ)します。

   安心・安全を目指してBMSのM2Mに取組み、コストと環境負荷の軽減に貢献できれば幸甚です。